Xampp windows10 PHP sendmail 設定 (gmailを使う)

php.iniの設定と、sendmail.iniの設定をして、stunnelをインストールして、stunnel.confを設定する。

php.iniの設定

php.iniの場所は、xampp/php/php.ini
[mail function]という箇所を下記のようにする。

[mail function]
SMTP=localhost
smtp_port=465
sendmail_path = "D:\xampp\sendmail\sendmail.exe -t"
mail.add_x_header=On

sendamil.iniの設定

sendmail.iniの場所は、xampp/sendmail/sendmaill.ini

[sendmail]
smtp_server=localhost
smtp_port=25
smtp_ssl=none
auth_username=hogehoge@gmail.com
auth_password=hoge

stunnelのインストール

stunnel: Downloads

stunnel.confの設定

stunnel.confのバックアップをとっておき、中身を下記のようにする。

[gmail-smtp]
client = yes
accept = 127.0.0.1:25
connect = smtp.gmail.com:465
verify = 2
CAfile = ca-certs.pem
checkHost = smtp.gmail.com
OCSPaia = yes

[ssmtp]
accept  = 465
connect = 25
cert = stunnel.pem

最後にXamppコントローラでApacheを再起動する。

PHPのセッションでエラーでた apache

cakePHPでFileBinderで画像アップできないと思ったら、capistranoのshared内にディレクトリ作ってなかったり、app/tmpのパーミッションがおかしかったり、セッション保存するディレクトリのパーミッションが変だったりしたから直した。

セッション関連でこんなエラーでた。

session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_uub68oeicgasdfahogehoge, O_RDWR) failed: Permission denied (13) [CORE/Cake/Model/Datasource/CakeSession.php, line 612]

セッション書き込めないよということでありまして、/var/lib/php/session内に書き込もうとして権限がなかったということであります。httpd.confでapacheのグループを変えたらエラーになりました。

php.iniの1277行目くらいにある、session.save_path = “/var/lib/php/session”というのを変えれば、セッション保存ディレクトリを変えられるみたい。

CentOS6.5 apache httpd: apr_sockaddr_info_get()というエラーが出る

apacheを起動するときにhttpd: apr_sockaddr_info_get()というエラーがでる。

Apache の httpd: apr_sockaddr_info_get() failed for エラー

これやったらエラーが出なくなった。まだ下記のエラーがでる。

httpd: Could not reliably determine the server’s fully qualified domain name, using vagrant-centos65.vagrantup.com for ServerName

Apache で apr_sockaddr_info_get() failed for が発生する

ここに書いてある原因だと、/etc/hosts/の設定と、/etc/sysconfig/networkの設定は一応見たから、service network restart の実行忘れというのを確認してみよう。
service network restartでエラーになった。でもよくわからん。
とりあえず、httpd.confにServerNameにvagrant-centos65.vagrantup.comを設定したらエラーは消えた。

さくらVPS CentOS6.5でSSLをつかってみる

さくらサーバでSSLつかってみましょう。環境は下記になります。

・FreeBSD 9.1-RELEASE-p7 amd64
・さくらのレンタルサーバ スタンダード
・Apache/2.2.25

あら独自SSLを使えるのは、ビジネスプロ以降らしい。http://www.sakura.ne.jp/
では、VPSを使ってやってみよう。環境は下記になります。

・CentOS release 6.5 (Final)
・Apache/2.2.15 (Unix)
・OpenSSL 1.0.1e-fips 11 Feb 2013

mod_sslをインストールする

$ yum -y install mod_ssl

mod_ssl.x86_64 1:2.2.15-29.el6.centosというのがインストールされた。

CA用秘密鍵(ca.key)の作成

$ openssl genrsa -des3 -out /etc/httpd/conf/ca.key -rand rand.dat 1024

CA用証明書(ca.crt)の作成

$ openssl req -new -x509 -days 365 -key /etc/httpd/conf/ca.key -out /etc/httpd/conf/ca.crt

サーバ用秘密鍵(server.key)の作成

$ openssl genrsa -des3 -out /etc/httpd/conf/server.key -rand rand.dat 1024

署名要求書(server.csr)の作成

$ openssl req -new -key /etc/httpd/conf/server.key -out /etc/httpd/conf/server.csr

サーバ用秘密鍵(server.key)からのパスフレーズ削除

オリジナルをバックアップしてから、server.keyからのパスフレーズ削除

$ cp /etc/httpd/conf/server.key /etc/httpd/conf/server.key.bak
$ openssl rsa -in /etc/httpd/conf/server.key.bak -out /etc/httpd/conf/server.key

サーバ用証明書(server.crt)の作成

$ openssl x509 -req -signkey /etc/httpd/conf/server.key -days 3650 -in /etc/httpd/conf/server.csr -out /etc/httpd/conf/server.crt

ssl設定ファイル(ssl.conf)の変更

$ vim /etc/httpd/conf.d/ssl.conf

100 #   Server Certificate:
101 # Point SSLCertificateFile at a PEM encoded certificate.  If
102 # the certificate is encrypted, then you will be prompted for a
103 # pass phrase.  Note that a kill -HUP will prompt again.  A new
104 # certificate can be generated using the genkey(1) command.
105 
106 #SSLCertificateFile /etc/pki/tls/certs/localhost.crt
107 SSLCertificateFile /etc/httpd/conf/server.crt #<--これに変更
108 
109 #   Server Private Key:
110 #   If the key is not combined with the certificate, use this
111 #   directive to point at the key file.  Keep in mind that if
112 #   you've both a RSA and a DSA private key you can configure
113 #   both in parallel (to also allow the use of DSA ciphers, etc.)
114 
115 #SSLCertificateKeyFile /etc/pki/tls/private/localhost.key
116 SSLCertificateKeyFile /etc/httpd/conf/server.key #<--これに変更

Apache再起動

/etc/rc.d/init.d/httpd restart

これでhttpsでアクセスすると反映されてた。

参考:はじめての自宅サーバ構築 – Fedora/CentOS –