windows10のvisual studio codeでC言語開発環境をつくる

Visual studio codeはインストール済みです。visual studio codeは、ここからダウンロードできます。

コンパイラをインストールする

参考:WindowsでのC言語の開発環境(Eclipse)

まずは、コンパイラをMinGWからダウンロードします。mingw-get-setup.exeというのをダウンロードして、実行するとインストールが始まります。インストールを始めると、途中でMinCW Installation Managerという画面が出てきます。ここで、mingw32-baseと、mingw32-gcc-g++というのをチェックして、メニューのInstallation > Apply Changesをクリックして、チェックした2つをインストールします。

MinGW.org

PATHを通す

C:\MinGW\binにPATHを通します。細かいやり方はここに載っています。コマンドプロンプトで、gcc -vを実行して、バージョンがでたら成功です。

C:\>gcc -v
Using built-in specs.
COLLECT_GCC=gcc
COLLECT_LTO_WRAPPER=c:/mingw/bin/../libexec/gcc/mingw32/5.3.0/lto-wrapper.exe
Target: mingw32
Configured with: ../src/gcc-5.3.0/configure --build=x86_64-pc-linux-gnu --host=mingw32 --prefix=/mingw --disable-win32-registry --target=mingw32 --with-arch=i586 --enable-languages=c,c++,objc,obj-c++,fortran,ada --enable-static --enable-shared --enable-threads=posix --with-dwarf2 --disable-sjlj-exceptions --enable-version-specific-runtime-libs --enable-libstdcxx-debug --with-tune=generic --enable-libgomp --disable-libvtv --enable-nls
Thread model: posix
gcc version 5.3.0 (GCC)

visual studio codeの設定

visual studio codeを開いて、拡張機能からc/c++と検索したら出てくる、Microsoftが出してる、C/C++というのをインストール・有効化します。コード整形とか、デバッグ機能とか便利な機能を沢山提供してくれるようです。

code_c

あとは、必要に応じて追加していきます。ちなみに、Visual studio codeは、Ctl + @で、コマンドプロンプトが出現します。なので、何かcのファイルをつくって、コマンドプロンプトを開いて、gcc hoge.cとかやるとコンパイルができます。

windows10のGPUを調べる(NIVIDA買ったのにNIVIDAになってない)

Windows10に搭載されているGPUを確認する

参考:Windows 10でPCスペックを確認する方法

上記サイトのとおり、デスクトップで右クリックして、ディスプレイ設定クリックして、ディスプレイの詳細設定クリックして、アダプターのプロパティ表示をクリックしました。すると下記が表示されました。

gpu

あら、私はNIVIDA GeforceなんとかがついてるPCを買ったはずなんですが、そうなってない。NIVIDAの設定というボタンはあるのですが、それをクリックしたら下記画面が表示されてエラーになります。まったく使えてなかったのか!?だからスターウォーズバトルフロントも死ぬほど遅かったのか!?

display

原因

ディスプレイをグラフィックボードにつなげてなかった。マザーボードにつなげてた。あほだなあ。改めて確認したら、きちんとNIVIDAになりました。

nivida

Xampp windows10 PHP sendmail 設定 (gmailを使う)

php.iniの設定と、sendmail.iniの設定をして、stunnelをインストールして、stunnel.confを設定する。

php.iniの設定

php.iniの場所は、xampp/php/php.ini
[mail function]という箇所を下記のようにする。

[mail function]
SMTP=localhost
smtp_port=465
sendmail_path = "D:\xampp\sendmail\sendmail.exe -t"
mail.add_x_header=On

sendamil.iniの設定

sendmail.iniの場所は、xampp/sendmail/sendmaill.ini

[sendmail]
smtp_server=localhost
smtp_port=25
smtp_ssl=none
auth_username=hogehoge@gmail.com
auth_password=hoge

stunnelのインストール

stunnel: Downloads

stunnel.confの設定

stunnel.confのバックアップをとっておき、中身を下記のようにする。

[gmail-smtp]
client = yes
accept = 127.0.0.1:25
connect = smtp.gmail.com:465
verify = 2
CAfile = ca-certs.pem
checkHost = smtp.gmail.com
OCSPaia = yes

[ssmtp]
accept  = 465
connect = 25
cert = stunnel.pem

最後にXamppコントローラでApacheを再起動する。

phpStorm windowsショートカット

ファイル名から検索
ctrl + shift + n

クラス名から検索
ctrl + n

行削除
ctrl + x

行複製
ctrl + d

単語選択
ctrl + w

ブロックの自動作成
ctrl + shift + Enter

開いたファイル履歴表示
ctrl + e

指定行にジャンプ
ctrl + g

コードの自動成型
ctrl + alt + l

ライブテンプレート
ctrl + j

タブを閉じる
ctrl + F4 (使いづらいけど変更方法がわからない)