Pocket
LINEで送る

gourmet/whoops

whoopsという、かっこいいエラー画面にしてくれるプラグイン。

$ composer require gourmet/whoops:~1.0

bootstrap.phpの下記ErrorHandlerの箇所を修正する。

(new ErrorHandler(Configure::read('Error')))->register();

修正後

(new \Gourmet\Whoops\Error\WhoopsHandler(Configure::read('Error')))->register();

404の場合は変わらないけど、500の場合は、下記のエラー画面に変わった。確かにきれいでわかり易い。

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: プログラミング

コメントください

関連記事

プログラミング

Go言語によるビットコインのフルノード実装btcdを調べる(2)

btcdを実行した際のプログラムの流れを最初から確認してみます。 se 続きを読む …

プログラミング

Go – leveldb

Goで使えるLevelDB。 syndtr/goleveldb ドキュ 続きを読む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。