Pocket
LINEで送る

tf.gfile.Existsを調べます。

コード例

if tf.gfile.Exists(FLAGS.train_dir):
  tf.gfile.DeleteRecursively(FLAGS.train_dir)
tf.gfile.MakeDirs(FLAGS.train_dir)

サンプルコード

import tensorflow as tf

dir_path = './hoge'
if tf.gfile.Exists(dir_path):
  tf.gfile.DeleteRecursively(dir_path)
tf.gfile.MakeDirs(dir_path)

hogeディレクトリがない状態で実行すると、hogeディレクトリが作られる。
空のhogeディレクトリがある状態で実行すると、hogeディレクトリが削除されて、また作られる。
適当なファイルやディレクトリを入れたhogeディレクトリがある状態で実行すると、hogeディレクトリが削除されて、また作られる。

なんかただディレクトリあったら消してつくってるだけで、何か特別なファイルがあったらそのファイルだけ消すとかそういう特別なことしてるわけじゃないっぽい。なんでわざわざこれ使うのかな?

Pocket
LINEで送る


コメントください

関連記事

プログラミング

cakePHP2 – 多言語化

多言語化します。 cakephpマニュアルのこのページに説明が書いてあ 続きを読む …

プログラミング

Go言語によるビットコインのフルノード実装btcdを調べる(2)

btcdを実行した際のプログラムの流れを最初から確認してみます。 se 続きを読む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。