Pocket
LINEで送る

使ってるのは、Raspberry Pi model B+という古いやつです。電子回路やったことないのでやってみます。勉強の始めは、Lチカというのをやるらしいです。Lチカとは、LED電球をチカチカさせることです。

Raspberry Piには、GPIOというのがあります。General Porpuse Input / Outputの略で、汎用的に使える入出力端子のことです。これとブレットボードというのをつなげます。つなげるのはメス・オスのジャンパー線です。いきなりLEDつなげると大量の電流が流れて、LED壊れちゃうので、というか多分RaspberryPiも電気不足で落ちちゃうので、抵抗を間に入れます。オームの法則とは、V = RIだそうで、電圧 = 抵抗×電流だそうです。抵抗を上げると、電流が下がります。ただ点灯させるだけであれば、プログラムは不要ですが、チカチカさせるには、プログラムが必要です。

22番ピンのGPIO25から出力させます。Pythonの場合は下記のようになります。

mport RPi.GPIO as GPIO
from time import sleep

GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO.setup(25, GPIO.OUT)

try:
  while True:
    GPIO.output(25, GPIO.HIGH)
    sleep(0.5)
    GPIO.output(25, GPIO.LOW)
    sleep(0.5)

except KeyboardInterrupt:
  GPIO.cleanup()

GPIO.setmodeというのは、GPIO.setupの指定方法の設定だそうです。ピン番号での指定方法と、GPIO25などのGPIO番号での指定方法と2通りあるらしいです。GPIO.setmode(GPIO.BCM)というのは後者です。
GPIO.setup(25, GPIO.OUT)というのは、GPIO25から出力させるぞ、ということです。
あとは、GPIO.HIGHと、GPIO.LOWを0.5秒間隔で交互に出力させ続けています。GPIO.HIGHだと電気流れます。それでLEDつきます。

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: IoT

コメントください

関連記事

IoT

Raspberry Pi – OSのバージョン確認方法

使っているのは、Raspberry Pi model B+です。今では 続きを読む …

IoT

Raspberry Pi B+ MacでラズベリーパイのGUIを操作する

無線LANの設定はしたので、ssh接続できるようになったけど、一応GU 続きを読む …

IoT

Raspberry Pi B+ 無線LAN接続

参考:Raspberry Piを無線LAN対応させてみた 上記を参考に 続きを読む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。