Pocket
LINEで送る

WordPressが遅すぎるので速くしてみます。

参考:WordPress高速化|1秒前半で表示する誰でもできる簡単な方法

画像を圧縮したり、スタイルシートとかも圧縮したり一つにまとめたり、headerに書かないようにしたり、キャッシュ使ったりします。WordPressは色々なプラグインがありますので、上記を参考にとりあえずプラグインを入れてどの程度速くなるか確認してみます。

現時点の速度はどのくらいなのか?

GoogleのPageSpeed Insightsで解析してもらってみます。

3.8秒で応答するらしい。画像圧縮とかキャッシュとかできてないと言われている。下の画像はパソコンで見たときの結果ですが、スマホでも同じような点を指摘されている。点数は50点とPCよりも悪い。ユーザー エクスペリエンスは95点になっている。

pagespeed_pc

画像の圧縮

上記参考サイトで紹介されている、EWWW Image Optimizerというプラグインを使ってみる。

コンテンツに使用する画像を一枚ずつ、いちいち圧縮していると効率が悪い。そこで、自動的に画像サイズを圧縮してくれるのが、EWWW Image Optimizer というプラグインだ。

参考:EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方

上記のとおりインストールと設定しました。既存画像も全部圧縮しました。1点上がった。

pagespeed_score_pc2

画像の読み込みを後回しにする

Lazy Loadというプラグインを使うといいらしい。
インストールして、有効化しました。2点上がった。スマホも2点上がって52点になった。

pagespeed_score_pc3

キャッシュを使う

WordPressには、この仕組みを簡単に導入できるプラグインがある。それが W3 Total Cache だ。今まで、キャッシュによる高速化をやったことがない方は、これを導入するだけでサイト表示スピードの劇的な高速化を実感できるだろう。

参考:W3 Total Cache のおすすめの設定方法

Head Cleanerを使う

参考:Head Cleaner の最も理想的な設定方法

キャッシュとHead Cleanerを参考サイトのとおりに設定しました。ありがたい参考サイトです。CDNサービスの設定はまだしていません。

ここまでで、81点になりました!スマホは、71点。ユーザーエクスペリエンスは99点。pagespeed_score_pc4

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: プログラミング

コメントください

関連記事

プログラミング

Go言語によるビットコインのフルノード実装btcdを調べる(2)

btcdを実行した際のプログラムの流れを最初から確認してみます。 se 続きを読む …

プログラミング

Go – leveldb

Goで使えるLevelDB。 syndtr/goleveldb ドキュ 続きを読む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。