Pocket
LINEで送る

参考:数式をブラウザーだけで書く簡単な方法

TeXというルールに基づいて作成して、URLエンコードして、googleのURLにくっつけると画像がでてくるらしい。

ピタゴラスの定理は、c^2 = a^2 + b^2と書くっぽい。

URLエンコードをやってくれるサイトが、URL Decoder/Encoder

結果は、c%5E2%20%3D%20a%5E2%20%2B%20b%5E2

GoogleのURLは下記。

http://chart.apis.google.com/chart?cht=tx&chl=

合体させると、http://chart.apis.google.com/chart?cht=tx&chl=c%5E2%20%3D%20a%5E2%20%2B%20b%5E2

できている。画像として表示させてみる。

ルートとかも簡単にできる。c = \sqrt{a^2 + b^2}

色・サイズも変更可能。

数式の表示サイズを変更するには、アドレスの最後に【&chs=40】というように縦方向のピクセル値を指定する。色は【&chco=0000FF】に6桁の16進数で指定する(Webの色指定と同じ)。

<img src="http://chart.apis.google.com/chart?chs=30&chco=0066cc&cht=tx&chl=c%5E2%20%3D%20a%5E2%20%2B%20b%5E2">

参考:数式記号の読み方・表し方

もっといい方法

もっといい方法があった。https://www.mathjax.org/

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 数学

コメントください

関連記事

プログラミング

Python3 – 対数

Pythonで対数を出すには、math.logを使います。import 続きを読む …

アルゴリズム

Python3 – 素因数分解

素因数分解 正の整数 n を素因数分解するための最も単純な方法は、2 続きを読む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。