Pocket
LINEで送る

Vagrantのcentos6.5.3に、php5.6、apache2.2、mysql5.6、phpmyadmin、vim、gitをchefで自動的に入れます。

macにvagrantはインストール済みであるものとします。
chefのknife-soloと、Berkshelfもインストール済みの状態とします。

作成した、Vagrantfile、chef-repoは、下記のgithubにpushしました。
https://github.com/endoyuta/vagrant_contos65_cakephp3/tree/php5.6

php5.6ブランチが、php5.6やphpmyadminがインストールできて、cakephp3をインストールした際に出たエラーなども若干対応したものになります。

まず、~/vagrant/test内に、新たにvagrantを立ち上げます。

$ cd ~/vagrant
$ mkdir test
$ cd test
$ vagrant init

これで~/vagrant/test内に、Vagrantfileが作成されます。

BOXは、下記のCentOSの6.5.3を使います。
https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box

Vagrantfileを編集します。

$ vim Vagrantfile

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos6.5.3"
  config.vm.box_url = "https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box"
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
  config.vm.synced_folder "./", "/vagrant", mount_options: ['dmode=777', 'fmode=666']
end

vagrantを立ち上げます。

$ vagrant up

次にchefのセットをしていきます。
とりあえず、sshのconfigを設定しておきます。

$ vim ~/.ssh/config

Host 192.168.33.*
  IdentityFile ~/.vagrant.d/insecure_private_key
  User vagrant

chefのリポジトリをつくります。

$ knife solo init chef-repo

chef-soloをvagrantにインストールします。

$ cd chef-repo
$ knife solo prepare 192.168.33.10

次に、Berkshelfを使って、cookbookを作ります。

$ vim Berksfile

site :opscode cookbook 'mysql', '~> 5.3.6' cookbook 'vim' cookbook 'git' cookbook 'openssl'

cookbookを作成します。

$ berks vendor site-cookbooks

phpと、httpd、phpmyadminについては、berkshelfだと中々上手くいきませんでした。phpは、5.3までならすんなり入りますし、httpdも勝手にインストールされます。httpdとphpmyadminはエラーが続いたのでberkshelfはやめました。代わりに、vargrant+chefでつくるPHP5.5+MySQL5.6+CakePHP3環境を参考に、baseとphp55とphp56というcookbookをつくりました。baseとphp55は参考サイトをほぼそのまま使わせてもらってます。

次に、jsonファイルを編集します。

$ vim nodes/192.168.33.10.json

{
  "run_list": [
    "recipe[base]",
    "recipe[php56]",
    "recipe[mysql::server]",
    "recipe[mysql::client]",
    "recipe[vim]",
    "recipe[git]",
    "recipe[openssl]"
  ],
  "automatic": {
    "ipaddress": "192.168.33.10"
  },
  "mysql": {
    "version":"5.6",
    "port":"3306",
    "server_root_password":"vagrant",
    "remove_anonymous_users":true
  },
  "httpd": {
    "port": "80",
    "docroot": "/var/www/app/webroot"
  },
  "php": {
    "timezone": "Asia/Tokyo"
  }
}

chefを実行します。

$ knife solo cook 192.168.33.10

■参考
vargrant+chefでつくるPHP5.5+MySQL5.6+CakePHP3環境
Chef-Solo + Berkshelf で Rails 4 の開発環境を構築
chef-solo(knife)でMySQLサーバ5.6をインストールする 2014年度版
cakePHP3にチャレンジ!
https://supermarket.chef.io/
CentOSにPHP5.6をインストール

Pocket
LINEで送る


コメントください

関連記事

プログラミング

cakePHP2 – 多言語化

多言語化します。 cakephpマニュアルのこのページに説明が書いてあ 続きを読む …

プログラミング

Go言語によるビットコインのフルノード実装btcdを調べる(2)

btcdを実行した際のプログラムの流れを最初から確認してみます。 se 続きを読む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。