Pocket
LINEで送る

cookpadの人がridgepoleというのを作られまして、これはべきとうせいが保証されているらしい。ちなみにべきとうせいという読み方は間違っているかもしれない。漢字が変換で出てこない。どうもテーブル一覧つくってそれを更新するだけでいいっぽくて、その一覧をみながらないやつを足したり、いらないやつを削除したりしてくれるっぽい。migrations pluginみたいに、ここではaテーブルを追加し、次はbテーブルを削除しつつ、cテーブルを追加する、とかだと、もうaテーブルが既に存在する時点で終了になったりするのですごく便利な気がする。

といいつつ、今回はmigrations pluginをcapistranoで実行させます。サブモジュールがデプロイできない。下記の真似したらできた。自分は拡張子が.capで大丈夫だった。確かに拡張しはCapfileに書いてあった。

capistrano3 + git で submodule も一緒にデプロイしたい場合

上記にて、migrations pluginを展開した後に、下記を実行すればいい。

execute "#{fetch :deploy_to}html/app/Console/cake Migrations.migration run all"
Pocket
LINEで送る


コメントください

関連記事

プログラミング

Go言語によるビットコインのフルノード実装btcdを調べる(2)

btcdを実行した際のプログラムの流れを最初から確認してみます。 se 続きを読む …

プログラミング

Go – leveldb

Goで使えるLevelDB。 syndtr/goleveldb ドキュ 続きを読む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。