Pocket
LINEで送る

参考:インフラエンジニアがSegmentation fault をなんとか治してみる

インフラエンジニアってかっこいいですね。

そもそもSegmentation faultはメモリ上にあるデータに対して不正が行われたときに起こるもので、
インフラエンジニアにとってはなかなか手がだせないところでもあります。
それでもなんとかして治さないといけないわけなので
せめてどのプログラムが悪さしてるかどうかぐらいは調べ上げてみます。

なにしろプログラムが悪いらしい。僕はelggに対して何も改変してないのでelggの1.8.18バージョンがなんかダメなのかもしれない。ということで古いの入れてみる。バージョンは1.7.21。

あらこっちのがインストール分かりやすい。
あこれだとエラーでない。

追記:
さっき別のElggインストールしたらまた上記エラーがでまして、上記参考サイトのインフラエンジニアさんと同じくデバッグしようと思って、一旦Macをログインし直したらエラーでなくなった。。なんかPCがちょっと変なだけだったのかも。

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: プログラミング

コメントください

関連記事

プログラミング

cakePHP2 – 多言語化

多言語化します。 cakephpマニュアルのこのページに説明が書いてあ 続きを読む …

プログラミング

Go言語によるビットコインのフルノード実装btcdを調べる(2)

btcdを実行した際のプログラムの流れを最初から確認してみます。 se 続きを読む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。