Pocket
LINEで送る

Mac OS X 10.5 + XAMPP で xdebug を有効にする参考

php.iniにXdebugを有効化する為の記述を追加

[xdebug]
zend_extension="/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/php-5.3.1/extensions/no-debug-non-zts-20090626/xdebug.so"
xdebug.remote_enable=1
xdebug.idekey = "mydebug"

xdebug.idekeyは、任意の文字列。
あとはapache再起動するだけ。簡単だ。

phpStormの設定

・Priferences->PHP->DebugはデフォルトでOKだった。
 Portとかを変える場合、違う場合はそれに合わせて設定する。
・Priferences->PHP->Serversで、localhost:80、Xdebugを設定しておいて、
・Run->Edit configurations->Defaults->PHP Remote Debugで、上記で設定したServerを選択し、ide Keyを入力して、設定を保存する。

その後、
http://www.jetbrains.com/phpstorm/marklets/で、idekeyを入れてgenerateしたjavascriptでブックマークレットをつくる。

そして、
・Run->Start Risten PHP Debug ConnectionsをONする。
・デバッグしたいページをブラウザに表示させて、先程のブックマークレットをクリックする。

これで、Xdebugは動きますので、breakpoint設定していれば、そこでとまります!便利だ。。

プロファイラを取得する機能も便利らしいので、今度やってみる。

Pocket
LINEで送る


1件のコメント

Vagrant - phpstormでデバッグする CentOS6.5 » Logicky Blog · 02/27/2014 13:27

[…] その他phpstormの設定でやったこと。 Xdebugの設定 XAMPP macこれに書いたことやった。 […]

コメントください

関連記事

プログラミング

Go言語によるビットコインのフルノード実装btcdを調べる(2)

btcdを実行した際のプログラムの流れを最初から確認してみます。 se 続きを読む …

プログラミング

Go – leveldb

Goで使えるLevelDB。 syndtr/goleveldb ドキュ 続きを読む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。