Python – MNISTを使う

機械学習で使えるサンプル画像の有名なのがMNISTだそうです。0-9までの手書き文字画像と、正解ラベルデータが、トレーニング用とテスト用で分けられています。 http://yann.lecun.com/exdb/mnis […]


Python3 – gzipで圧縮・読み込み

参考:http://docs.python.jp/3/library/gzip.html gzip.openで、gzファイルを読み込めるっぽい。 with構文については、ここに詳しい説明があった。 圧縮 バイナリ文字列を […]


Numpy – reshape

np.reshapeがややこしいので試してみる。

[1 2 3 4 5 6] [[1 2 3] [4 5 6]] 配列aを、2行3列に変換しろ!といってお […]


Python – 勾配法

勾配は、すべての変数に対する偏微分をベクトルにしたものです。勾配法は、勾配を使って関数が最小になるパラメタを探す方法のことです。偏微分はある点における、各パラメタに対する微分ですので、傾きです。傾きが分かるとパラメタをど […]


python – 損失関数

ディープラーニングで使う損失関数の、二乗和誤差と交差エントロピー誤差。 二乗和誤差 二乗和誤差は、差の二乗を全部足して2で割る。

交差エントロピー誤差 $ […]


Python – 偏微分・勾配

偏微分 偏微分は、変数が2つ以上あるときに1つ以外を固定にして、固定じゃない1つに対して微分をすることだそうです。Pythonでやると簡単にできます。 下記の式で、x0が3、x1が4のときの偏微分 $$f(x_0, x_ […]


Python – Matplotlibで3次元グラフを書く

下記の式をグラフ化してみる。 $$f(x_0, x_1)=x_0^2+x_1^2$$ コード

参考:matplotlibで3Dグラフを描画する


Python – 数値微分

微分はある瞬間の変化量です。公式は下記です。超絶的に0に近い、というかもはや0という謎の極小値でもって計算することで瞬間変化量を出します。解析的にやるといろんな公式が編み出されているので真の微分が出せますが、コンピュータ […]





シグモイド関数

ディープラーニングでシグモイド関数というのを使いまっす。シグモイド関数は、何か入力されたら0~1の数値を返します。入力された数値が0未満だったら0を返して、そうでなければ1を返すような関数をステップ関数といいまして、これ […]


Python – Jupyter

Jupyterの始め方を忘れた。

Jupyterはもう入っている。

これでブラウザにJu […]


Android – RecyclerView

Gradleに追加する

RecyclerViewを設置する

1行用xmlつくる row. […]


Android – ViewHolder

ListViewの効率化をViewHolderでします。 adapter使うときに、Viewが行ごとに変わりますが、かといって毎回findViewByIdやると効率が悪いので、viewHolderを使うといいらしいです。 […]