vimでphpを使う

参考:VimでのPHP開発環境

PHP開発に便利なプラグイン

NeoBundleでプラグインを入れられるようになったので、上記を参考に、PHP開発に有用そうなプラグインを入れてみます。

Shougo/neocomplete.vim 関数名とか補完してくれるやつ。
Shougo/neosnippet.vim スニペット登録できるやつ。Shougo/neosnippet-snippetsも入れる必要があるらしい。
thinca/vim-ref PHPのマニュアルをvimで見られるやつ。テキストブラウザが必要らしい。
tomtom/tcomment_vim ファイルの種類に合わせて、適切なコメントアウトをしてくれるやつ。
AndrewRadev/splitjoin.vim 展開したり、1行にまとめたりできるやつ。
osyo-manga/vim-watchdogs 構文チェックしてくれるやつ。

NeoBundleでインストール

エラーなくインストールできた。
まだ他のサイトにも色々情報があり、全部調べて設定するのは結構大変そう。また今度やる。

参考:
VimでPHP開発環境を作成
vimのPHP開発環境

vim – NeoBundleでプラグイン管理する

参考:Vim pluginへの入門[NeoBundle.vim]

NeoBundleはプラグインを管理するやつ。使い方を上記サイトが書いてくれている。

NeoBundleの設定

vimrcに設定を書きます。

call neobundle#beginと、call neobundle#end()の間に、NeoBundle ‘nanotech/jellybeans.vim’とかって書いていけばいいっぽい。

Vimの設定(vimrc)

macのyosemiteの時にvimrcをちょっと編集してたのですが、El Capitanにしたら消えました。なんでもかんでも消えるから面倒くださいです。まあでも変な不具合的な状態もクリアされるので、OSのインストールし直しとかは不要になるのかも。でも、最近やたらとmacが重いです。再起動してもすぐ重いです。8GBのメモリはphpstormとchrome使った時点で数時間後にはほぼ埋まる感じだし、atomに変えたりchromeの開くタブ数を極力減らして、メモリ使用量を5GM以内に抑えてても、結局2時間後くらいには劇おそになります。macのアクティビティモニタを開いてると遅い気がする。でもそれが開いてなくてもやっぱ遅い。メモリ64MBのハイスペックPC買いたいっす。メモリ軽いといえばvimだと思いますし、nginxの設定とかはいつもvimでやっているので、vimもなるべく使いやすくしたいと思いまっす。

現在のvimrcの中身は、下記でした。vimrcの場所は、/usr/share/vim/vimrcでした。

vimrcのパスを確認する

/usr/share/vim/vimrcを編集してもroot権限でも書き込みができなかったので、自分のユーザアカウントのvimrcを編集してみる。

下記のように、version確認をするとvimrcのパスも教えてくれるらしい。

$HOME/.vimrcがパスのようだ。

$HOME/.vimrcを作成する

vimrcの編集

/usr/share/vim/vimrcの内容に下記を追加した。

colorschemeをダウンロードして使ってみる

molokai.vimを使ってみます。molokai.vimをダウンロードして、$HOME/.vim/colorsに移動させます。移動後にvimを立ち上げて、:colorscheme molokaiとやるとエラーが出ないのですが、正しい色になりません。

set t_Co=256を追加する

意味不明ですが、set t_Co=256を追加したら、molokaiが反映されました。

vim

参考:
Vim 設定ガイド
個人的に便利だと思うVimの基本設定のランキングを発表します!
設定ファイルを作って自分の好みに改造 (1/3)
Vim のカラースキーマを変更する

Vimの設定

とりあえず、Yosemiteのmacの下記を開き、各種設定項目を追加した。

$ sudo vim /usr/share/vim/vimrc

色のテーマは、/usr/share/vim/vim73/colors内に設定ファイルを入れればいいのかなと思ってるけど、正しくないのかも。今度調べる。

CentOSでのVimの設定

参考:http://www.server-world.info/query?os=CentOS_6&p=initial_conf&f=7

/etc/vimrcを設定すればできた。

Vim 日本語対応(日本語が文字化けするときの対処)

~/.vimrcに、下記を追記する。

参考:vimによる日本語文字コード自動判別と文字コード変換

Vim 使い方

x #文字を消す
r #文字を入れ替える
i #挿入モード

dd #行削除

0 #行頭移動
$ #行末移動
:0 #1行目に移動
:$ #最後の行に移動

:w #ファイル保存
:q #終了
:wq #保存して終了
:w! #強制保存
:q! #強制終了

/hogehoge #ファイル内検索(hogehogeを探す)
n #検索結果の次に移動

:set number #行番号表示

%s/hoge/moge/g 置換(開いているファイルのhogeを全てmogeに置換)