TensorFlowのWindows版をインストールする

Pocket
LINEで送る

TensorFlowのWindows版がでてた

「Windows10上のTensorFlowでGPUを利用しようとしてダメだった→できるようになったみたいです!」なんと、Windows版でGPU利用も可能なものが出てるらしい。「Google、オープンソースの機械学習ライブラリ「TensorFlow」のWindows版を公開」

Windows版は「Python」言語のパッケージ管理システム「PyPI」のパッケージとして配布されており、Windows 7/10およびWindows Server 2016で利用が可能。GPUアクセラレーションとして“CUDA 8.0”と“cuDNN 5.1”がサポートされている。

インストール

「TensorFlow が正式に Windows サポートして GPU が使えたので試してみた」ここに色々インストール手順が書いてあります。自分はNVIDAのサイトで登録とかすでにしているのですが、どんな登録をして、何をパソコンにインストールしたのかとかは忘れました。Pythonはanacondaでインストールしたはずでバージョンは3.5です。前は確かTensorFlowはPython2.7に対応していた気がしますが、3.3以上も対応しているようです。

Anacondaの64bit版の4.1.1で、Pythonのバージョンは3.5.2でした。

以下2つを実行して、TensorFlowとTensorFlow-GPUがインストールできるようです。

Successfully installed protobuf-3.1.0.post1 tensorflow-0.12.1

Successfully installed tensorflow-gpu-0.12.1

インストールできました。

動くかチェック

とりあえず使えるのかチェックしてみます。
tensor.pyというファイルに、下記を書いて実行してみます。

結果

GPU関連のインストール・設定等は全くできていなかったようです。

下記を書いて実行してみました。

結果

GPU関連でWarning的メッセージが沢山でるものの一応動いています。搭載しているGPUも認識されていて名前とかが表示されてます。

NVIDA関連の設定

CUDA Toolkit 8.0

https://developer.nvidia.com/cuda-downloads

上記のように設定してダウンロードして、インストールしました。結構時間かかりました。

cuDNN v5.1

下記でユーザ登録したらダウンロードできます。
https://developer.nvidia.com/rdp/cudnn-download
zip内のcudaフォルダの中身をC:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v8.0にコピーします。

動作チェック

パソコンを再起動して、改めてtensor.pyを実行してみました。

全部successfullyと書いてるのでうまくいっているようです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です