windows10のvisual studio codeでC言語開発環境をつくる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

Visual studio codeはインストール済みです。visual studio codeは、ここからダウンロードできます。

コンパイラをインストールする

参考:WindowsでのC言語の開発環境(Eclipse)

まずは、コンパイラをMinGWからダウンロードします。mingw-get-setup.exeというのをダウンロードして、実行するとインストールが始まります。インストールを始めると、途中でMinCW Installation Managerという画面が出てきます。ここで、mingw32-baseと、mingw32-gcc-g++というのをチェックして、メニューのInstallation> Apply Changesをクリックして、チェックした2つをインストールします。

MinGW.org

PATHを通す

C:\MinGW\binにPATHを通します。細かいやり方はここに載っています。コマンドプロンプトで、gcc -vを実行して、バージョンがでたら成功です。

visual studio codeの設定

visual studio codeを開いて、拡張機能からc/c++と検索したら出てくる、Microsoftが出してる、C/C++というのをインストール・有効化します。コード整形とか、デバッグ機能とか便利な機能を沢山提供してくれるようです。

code_c

あとは、必要に応じて追加していきます。ちなみに、Visual studio codeは、Ctl + @で、コマンドプロンプトが出現します。なので、何かcのファイルをつくって、コマンドプロンプトを開いて、gcc hoge.cとかやるとコンパイルができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

Be the first to commenton "windows10のvisual studio codeでC言語開発環境をつくる"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*