npmでパッケージ管理

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

参考:npmでnode.jsのpackageを管理する

npmパッケージ管理の初期化

-gは、グローバルインストール。

–save-devは、自動でpackage.jsonに追記される。
空白をあけてつなげると複数インストールできる。
-gをつけないと、プロジェクト毎にインストールされて、node_modulesフォルダに入る。

node_modulesはgitで管理する必要ない。npm installとすると、package.jsonに記載されている内容がインストールされる。

devDependenciesというのは開発時のみ利用するlibraryのversionを管理します。
libraryとして公開するようなprojectだと、–saveになります。

ということは、開発時のみ利用するライブラリを、npm i –save-dev hogeとやるということだろうか。本番時も使う場合は、npm i –saveということかな?babelとかreactとかは全部開発時しか使わないか。

npmはscriptというのもあって、コマンドが実行できるっぽい。
参考:npm script を試す (サンプル付き忘備録)

scriptを使って、webpackの代わりになるものを作る人も最近多いらしい。scriptの使い方は、package.jsonのscriptsに書いて、npm run buildとかやるらしい。試してみたけどエラーになった。-sをつけるとエラーがでなくなるらしい。

ちなみに、babelのドキュメントに、buildというスクリプトのサンプルがあって、下記のように書いてある。
babel src -d lib
これを実行したら、src doesn’t existといわれた。

babelのドキュメントに解説があった。
babelはbabelの投稿にまとめる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

Be the first to commenton "npmでパッケージ管理"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*