railsのscaffoldを使ってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

scaffoldの使い方

引用:Toyアプリケーション

Railsのscaffoldは、rails generateスクリプトにscaffoldコマンドを渡すことで生成されます。scaffoldコマンドの引数には、リソース名を単数形にしたもの (この場合はUser) を使用し、必要に応じてデータモデルの属性をオプションとしてパラメータに追加します3。

rails generate scaffoldでは、DBまでは更新されないので、マイグレーションが必要らしい。マイグレーションの履歴ファイルはscaffold時点で勝手につくってくれる。db/migrate/20160523032732_create_users.rb。下記のbundle execは不要な環境もあり得る。

cloud9を使っているのですが、DBの設定をした覚えがないのですが、マイグレーションが成功した。sqlite3を使ってるからだった。

Herokuでマイグレーション

Herokuにpush

Herokuでマイグレーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

Be the first to commenton "railsのscaffoldを使ってみる"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*