Amazon Linux – PostgreSQL・Nginx・FuelPHP

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る


インストール

参考:
Amazon Linux AMIにpostgresqlをインストールする
チュートリアル: Amazon Linux への LAMP ウェブサーバーのインストール

yumをアップデートして、phpとgitとvimとnginx入れた。アパッチとMySQLも入れた。

postgresql入れた。

エラーでた

php56と指定しないといけないっぽい。

これで必要なの入った。

postgreSQLの設定する

postgresユーザにパスワード設定

postgresユーザに切り替える

基本データベース生成とサービス開始

データベース作成する

NginxでPHP使えるようにする

参考:nginxでphpを使う(CentOS6.5)

php-fpmをインストールする

php-fpmの設定をする

下記のwww.confのuserとかgroupがapacheになっているので、nginxに変更します。

NginxでFuelphpが動くようにする

下記、nginx.confを修正していく。

下記箇所を、/usr/share/nginx/hoge/publicとかにする。

参考:http://fuelphp.jp/docs/1.8/installation/instructions.html
下記のように変更する。

nginxとphp-fpmを再起動する

FuelPHPをcloneする

FuelPHPはローカルで作ってるやつをcloneする。

FuelPHPのcomposer installする

phpPgAdminインストール

参考:phpPgAdminのインストール – CentOS6.5(Vagrant)

とりあえず、ローカルで上記サイトに記載のURLから、ダウンロードして、展開して、gitリポジトリに追加して、pullした。常時使える必要はなかったので、nginxのrootを変更してちょっとだけ使った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

Be the first to commenton "Amazon Linux – PostgreSQL・Nginx・FuelPHP"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*