fuelphp1.8 – コアクラスのカスタマイズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

参考:http://fuelphp.jp/docs/1.8/general/extending_core.html#extend_and_replace

type=”file”のformに、「required」というバリデーションルールを適用しても、うまく動作しない。ファイルをアップロードしても、ファイルがアップロードしたことにならない。だから、requiredというルールを適用するのをやめたんだけど、そうすると、form.phpで設定できる、required_markの表示がなくなるので、それも嫌だ。required_markというのは、requiredルールを設定してあるFieldをview等でbuildした時に、勝手に必須項目であることを示す文字列等を表示してくるものであります。なので、Fieldをbuild関数をいじって、required_markを表示する条件を変更してみようと思った。

fuel/core/classes/fieldset/field.phpの591行目に、下記があります。

get_attributeで「required」があれば、form.phpのrequired_markに設定している文字列を返しています。なので、get_attributeに渡すものを「required」だけではなく、array(‘required’, ‘required_upload’)にしてみます。でも、fuel/core内を勝手にいじってはダメなので、下記のようにします。

コアクラスを継承したクラスを作成する

fuel/app/classes/fieldset/field.phpを下記のように作成する。

これを、fuel/app/bootstrap.phpを設定して、読み込めるようにします。

bootstrap.phpの設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

Be the first to commenton "fuelphp1.8 – コアクラスのカスタマイズ"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*