fuelphp1.8 – Formとバリデーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

fieldsetを使うと、入力した内容を保持できるし、バリデーションチェックも簡単に行える。エラーも自動で表示できる。core/config/form.phpにformを表示する際のHTMLの設定が書いてあるので、これをシンプルにすることで、多様なデザインにもデザイナがviewの設定のみで大体対応できるようになるかなと思った。

form.phpの設定項目

引用:FuelPHPのFieldsetクラスをまとめてみた。1

項目名説明
form_methodformのmethod属性の値
form_templateformを作る際のテンプレートです。{open}がformの開始、{fields}がフィールド部分、{close}がformの終了です。こちらはFormクラスで使用されます。
fieldset_template↑のfieldset版。
field_templatefieldのテンプレート。そのままですね。
multi_field_templatefieldが複数だった時のテンプレート。{fields}から{fields}までが項目のループ部分。セレクトボックスはどうやってるのかは不明
error_templateエラーのテンプレート。$user_form->validation()->error()メソッドで使われている模様。
required_mark{required}に対応する値を指定。
inline_errorsエラーを表示するかどうか。
error_classエラー表示に使うクラス名。デフォルトではtdに指定しているのでこのクラスに対してエラーだった時のbackground-color等を指定することになる。

バリデーションエラーメッセージの日本語化

・core/lang/en/validation.phpを、app/lang/ja/にコピーして編集する。
・app/config/config.phpの「language」を「ja」に設定する。

モデルの例

app/config/form.phpのfield_templateの例

コントローラの例

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

Be the first to commenton "fuelphp1.8 – Formとバリデーション"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*