Xcode Swift – イベント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

ボタン押したよイベント

viewDidLoadメソッドは、viewがロードされたときに呼ばれるメソッド。ここでイベントの設定できる。
btn1をTouchUpしたら押されたよとコンソールに表示するには下記のようにする。

下記のようにremoveTargetで、イベントとの関連を消せる

ジェスチャーしたよイベント

UIGestureRecognizerというのを使うと、ジェスチャーを検知できる。

スワイプ

回転

タップとダブルタップ
ダブルタップをすると最初にタップを検知し、次にダブルタップを検知する。ダブルタップだった場合タップを検知したくない場合は、requireGestureRecognizerToFailというのを使う。

画面のどこをタップしたのか知りたい

イベントを送ってきたやつはsenderというのですが、sender.locationInView(self.view)とやると、view内の位置を取得できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

Be the first to commenton "Xcode Swift – イベント"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*