fuelphp – マイグレーション

Pocket
LINEで送る

cakePHPのmigrationsプラグインはありがたいものではあるものの微妙だと思っていたのですが、あれの場合、データベースを色々いじってから、現状のschemaファイルとデータベースの現状との差分を勝手に確認してくれるというものでした。どうもfuelphpのマイグレーションというのはそういう機能はないのかなあと、今思っております。

参考:fuelPHP での Migration の使い方

カラムの追加をoilのmigrationを使って実行できます。

例えば、oil generate migration add_hoge_to_shops hoge:varcharといった感じでやります。
これにより、カラムを追加する為の新しいマイグレーションファイルが作成されます。

databaseを最新の状態にするのは、

のようです。これによって作成したマイグレーションファイルの内容が、databaseに反映されます。

できたのですが、nullがNGになっておりました。nullをOKにしたり、varcharの最大文字数設定の方法とかが分かりません。

参考:
Generate
マイグレーション

まあ、migrationsファイルを直接編集すればいいのかなと思いますが、oilコマンドでもできるようです。
参考:fuelPHP での Migration の使い方 (2)

便利でした

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です