PHPUnitの勉強

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

PHPUnitでユニットテスト (1/3)これ見ながら勉強。

・テストはテストケースと呼ばれるクラスで、メソッドの中にアサーションという比較処理を書く。
・PHPUnit_Framework_TestCaseというクラスを継承してテストケースクラスをつくる。
・テストするクラスのクラス名の最後にTestとつけるのがテストケースクラス名のルール。
・ファイル名もテストケースクラス名と同じである必要がある。
・テストメソッド名はtestで始めるのがルール。
・テスト対象のクラスをテストケース内でインスタンス化し、実際にメソッドをコールすることによってその結果を精査するのが一般的。
・アプリケーションフレームワークが行う初期化処理や、データベース接続などの準備処理を、テストの前に実行しておく必要がある。
・準備と後始末の仕組みについてもPHPUnit側でテンプレートメソッドとして準備されている。
・テストケース開始時に、setUpBeforeClass()メソッドを呼ぶ。
・テストメソッド実行前に、setUp()メソッドを呼ぶ。
・テストメソッド実行後に、tearDown()メソッドを呼ぶ。
・テストケース終了時に、tearDownAfterClass()メソッドを呼ぶ。

お試しコード

テストケース

テスト対象

そして、phpunit sampletest.phpとやる。

結果、

あとはここを見ながら勉強する。
PHPUnit Manual

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

Be the first to commenton "PHPUnitの勉強"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*